49日コム:四十九日法要だいじょうぶ?準備チェック

はじめての49日にお困りの方の情報サイト

 

【四十九日忌までに準備しておきたいチェックリスト】

nittei

 

亡くなった日から数えて49日目に法要を行います

親族の都合に合わせ、49日前の土曜日か日曜日に行われるのが一般的です。

四十九日忌は大練忌(だいれんき)とも言い、葬儀に次ぐ大切な法要です。

仏教において、故人は死後の旅路で7日ごとに神官の裁きを受けます。

そして7回目の裁判の日である49日目に来世が決定されるのです。

その大切な日にこちらの世界にいる親類縁者がお経を唱えて供養することで、

故人はそのお経の功徳を得て、極楽浄土へ渡ることができるとされます。

それゆえに日程を延期をすることはおすすめできません。

故人の為にも早めの準備をいたしましょう。

忌日・年忌計算 (49日の年月日がわかります)

 

kaimyoujyunnbi

 

四十九日忌までに「本位牌」(黒塗りのお位牌など)をご用意ください。

お近くの仏具屋さんに依頼し、「戒名」を位牌に入れてもらいましょう。

お位牌の完成まで約1週間ほどかかりますが、

お彼岸・お盆など繁忙期もありますので、お早めにご準備ください。

お仏壇のはせがわ

 

zokumyou

 

四十九日忌には、「戒名」が必要となります。

白木位牌を本位牌に替えるため、本位牌の開眼法要(魂入れ)を行います

浄土真宗では位牌を用いない場合が多く、かわりに法名軸過去帳にします

 

 菩提寺のある場合 →  菩提寺のご住職にご相談ください。

 菩提寺のない場合 →  葬儀を行ったお寺のご住職にご相談ください。

 

最近は葬儀に僧侶を呼ばない直葬(ちょくそう)の形式を選ぶ方も多く、

戒名のことでお困りの方も多いのではないでしょうか。

「院号をもらうためにはいくら払うの?」

「戒名がないと成仏できない?俗名ではダメなの?」 など

 

実際、お寺のお坊さんには聞き辛いですよね…

 

本寿院の戒名のページでは実際に授かった方の声を紹介しています。

全国各地からお礼やご意見・ご要望のお手紙も頂戴しております。

戒名をご検討されている方はぜひ一度ご覧ください。

戒名の声

350kaimyou2

 

 

 

 

 

 

basyo

 

日取りの決定

一般的に49日前の土日に行われることが多い為、

お寺や霊園も土日に予約が集中しますので、早めに日程を決めましょう。

法要は49日目の日にできなくても、早く行う分には問題ありません。

やむを得ない事情がない限り、49日目を過ぎないようにしてください。


納骨先が決まっている場合

  → 四十九日忌で納骨をする場合がほとんどです。

    お寺、霊園、石材業者などに納骨の予定を連絡をしておきましょう

 

納骨先が決まっていない場合

 → 四十九日忌に納骨ができなくても心配はありません。

   1周忌などの回忌(かいき)法要の際に納骨するという選択もあります。

    本寿院ではお骨を一年単位でお預かりする「預骨」(よこつ)もできます。

 

主な法要場所 

(1)自宅

故人や親族が慣れ親しんだお家で法要を行うこともよいでしょう。

法要後は僧侶の方と会食を共にするのが一般的です。

参列者が多い場合、駐車場の確保や食事の手配をお忘れなく。

 

(2)お寺の本堂

自宅は狭い、掃除が大変、座布団や茶碗を人数分用意できない…

などの理由からお寺で法要を希望される方は少なくありません。

しかし、お寺での法要は檀家(だんか)の都合が優先的ですので、

非檀家の方の法事を受け付けるお寺は少ないのが現状です。

まずは戒名を授かったお寺に相談するのが一般的ですが、

今後、継続して供養をお願いするかどうかを考える必要もあります。。

 

 

檀家でなくとも法要を受け付けてくれるお寺

東京 本寿院

神奈川 円宗院  

埼玉 広徳寺 

栃木県 尊星王院

滋賀県 本寿院

 

 

(3)斎場・霊園

葬祭ホールなどを会場として法要を行うことも可能です。

駐車場や設備などが整ってますし、多人数の会食にも対応してもらえます。

 

納骨を予定している場合、霊園を会場にすることも可能です。

墓前で四十九日忌法要を行い、すぐに納骨を行うことが出来ます。

参列者が家族や少数の身内だけならば霊園で良いでしょう。

 

 

案内の通知

親族や知人にご案内をお送りします

最近は近親者のみで法要を行う方も増えてきています。

その場合はお電話だけでも失礼ではありませんが、

時間・場所など正確に伝わるよう配慮しましょう。

レターなび(日本郵便)

 

 

 

gobutuzenn

亡くなった直後は、まだ故人の魂が彷徨っていると考えられているため、

通夜・葬儀の時は「御霊前」としてお供えします。

reizen

 

四十九日忌法要を経て、故人は仏様の世界へ導かれます。

そのため、「御仏前」「御佛前」としてお供えします。

 

butuzen

 

返礼品の用意

出席人数がわかれば、返礼品をご用意しましょう。

法事ごとですが、あまりしきたりに囚われることはありません。

香典返し.jp

 

お布施の確認

ofusenojyunnbi

僧侶の方に対しての気持ちですが、

法要内容や地域の慣習によって金額が異なります。

葬儀時のお布施の10%とも言われますが、相場は5万円程です。

四十九日忌の法要では

位牌開眼(魂入れ)墓石開眼本尊開眼納骨などが行われ、

本法要のお布施とは別にそれぞれ1万円程のお布施を用意します。

また塔婆代白木位牌のお焚き上げ供養料御車代御膳料

なども必要に応じて用意する場合があります

具体的な金額をお寺に尋ねることは失礼に当たりませんので、

事前にお聞きしておいた方が無難です。

 

noukotutehai

霊園に納骨の場合、管理事務所に連絡する必要があります。

お墓を開けて新しい遺骨を納めますので、僧侶による読経供養が必要です。

葬儀社や石材店でも紹介して貰えますが、手数料など高額になる場合もあります。

 

菩提寺(先祖代々のお墓のあるお寺)が無い方へ、

戒名の授与、僧侶のご紹介など仏事のご相談はこちらへどうぞ

戒名の会 

 

ryouritehai

法要後の会食は、今後のお家の事や供養について話し合う場でもあります。

これを機に親類縁者との絆を深めてみてはいかがでしょうか。

 

ぐるなび法事の食事  くるめし弁当