49日コム:四十九日法要だいじょうぶ?準備チェック

はじめての49日にお困りの方の情報サイト

49日 Q&A

49日法要をする施主、49日法要に参列する方の疑問・質問にお答えします。

Q1

49日は平日になるので、繰り上げて日曜日に行う予定です。参列できない方に香典返しを送ろうと思うのですが、いつの時期に送った方がいいいか教えてください。

A1 香典返しは、法要の後、送って良いでしょう。四十九日以降に送ることもないですよ。

Q2

49日と納骨を予定していた日が大雪の日でした。霊園の管理事務所から電話があり、雪のため法要を1週間延期してくれとのことでした。1週間後になると、49日が過ぎてしまいます。その場合、何か良くないことが起きるのか心配です。

A2 そんなことはないですよ。49日に必ず納骨をしなければならないということはありません。49日が過ぎてしまったら、百か日法要もしくは一周忌法要に合わせて納骨しても何も問題ありません。

Q3

この前、私の兄が亡くなりました。49日を迎える日までの間に1年前から計画していた旅行があります。この場合、旅行に行くと何か良くないことが起こるのでしょうか?やはり旅行は中止にしたほうが良いでしょうか?

A3 49日間は、喪に服することになります。この期間は祝い事、特別なことは控えたほうがいいでしょう。普段の生活をすることです。49日目以降は、「忌明け」となります。旅行は49日以降に変更したほういいでしょう。

Q4

来月に私の祖父の49日法要があります。妻の両親も参列したほうがよいでしょうか?

A4 葬式とは違い、法事・法要は、招待されたものが参列します。通常は法要を行う日の1ヶ月前、招待者に案内状が届きます。そして、出欠の確認を返信するようになります。それは、法要の後に会食の席を設けるため、出欠の確認が必要となります。

Q5 

先日、叔父の49日法要の案内が届きました。今、私は出産が控えているし、主人は仕事で行けません。欠席をしようと考えています。香典は法要前に届けても失礼になりませんか?

A5 香典を届けることは失礼にはなりませんよ。欠席の知らせは、法要の後、会食の席を設けているので早めにお知らせください。

Q6 

49日に香典を包む時、のし袋には「御霊前」と書くのか、「御仏前」と書くべきか教えてください。

A6 49日の香典は、「御仏前」です。49日まではこの世に亡くなった方の霊がさまようといわれてます。7日ごとに7回、生前の所業を供養して、49日目にあの世に行き、「仏」に生まれ変わるのです。

Q7 

お彼岸に49日の供養をしたいのですが、大丈夫でしょうか。

A7 お彼岸やお盆は、お寺にとって1年の中で一番忙しい時期になります。まずは菩提寺の住職に相談するのがよいでしょう。

Q8 

49日は平日になるのですが、供養は、みんなが集まりやすい土日を考えているのですが、49日の前がいいか、後がいいか教えてください。

A8 供養の日は、49日の前に供養してください。その後の一周忌、三回忌も同様です。命日に供養するのが良いですが、できないときは命日より前に供養してください。

Q9

お墓参りはいつすればよいでしょうか。

A9 心に思いが起こったときなら、いつしても良いでしょう。たとえ命日であろうとなかろうと懐かしい思いが起こり、苦しい胸のうちが打ち明けたくなったり、うれしいことを報告したかったら、いつでもお参りしましょう。

 Q10

忌明けまでは、何をすればいいのでしょうか。

A10 死者の霊は、(仏教では)亡くなった日から7週間(四十九日間)はこの世とあの世をさまよっているとされています。

この期間は、死から新しい生へと生まれ変わる準備をしているのです。その間に遺族が丁寧に冥福をお祈りすることによって、亡くなった人は、初めて無事に極楽浄土に送り届けられる(浄土真宗をのぞく)とされています。 ※神式では死後50日目を「50日祭」として祭ります 。

この期間は「忌中(きちゅう)」 といい、四十九日が過ぎると「忌明け(きあけ)」 となります。そして、忌明け法要は、親戚縁者を招いてお寺さんにお参りいただき、故人の成仏をお祈りします。

四十九日法要は忌明けの大切な法要です。

butuzen reizen

香典を、葬儀の時は、「ご霊前」 49日以降は「ご仏前」と書かれるのは、49日までは、霊がさまよっていて、49日後に仏様の世界に生まれ変わる事からとされています。