49日コム:四十九日法要だいじょうぶ?準備チェック

はじめての49日にお困りの方の情報サイト

49日の引き出物

49日の引き出物

法事のときの引出物は、法事に出席していただいた方にその場で渡すおみやげの品です。

通常一家族にひとつ準備しますが、親戚分の代理(娘の嫁ぎ先など)など、注意が必要です。

また、地域によっても、半分返しなど風習が決められている場合もあります。

四十九日に限らず初七日以降の法事には引出物を準備します。

法事に出席される方は、食事代や引出物代を考慮して一人5千円~一万円程度 包まれます。

夫婦で出席なら1万円~3万円でしょうか。

引出物の金額は3千円から5千円くらい。品物は地域によって1品だけのところや3、4品準備するところなどいろいろです。

品物は菓子、食品(お茶、海苔など)、日用品(タオル、シーツ、洗剤、石鹸など)、カタログギフトなど。

持ち帰りが楽なように軽い品物がいいようです。
詳しくは、葬儀社やデパート、ギフトショップなどにお聞きになるとその地域で引出物としてよく使われているものが分かると思います。

熨斗もつけてもらえますし、持ち帰り用の袋もつけてもらえます。
表書きは、「七七日忌」、「七七忌」とし、贈り主と故人の戒名を書く。

引き出物は、2千円~5千円程度でよろしいでしょう。

※「七七日忌」、「七七忌」とは、四十九日のことを言います。

9-035香典返し・法事・法要のカタログギフト